Skip to content

主役の名前とオンラインギャンブルの母国とも言える国の名前が重なっている!-ネットカジノ王国

ドキュメンタリー映画「アルゲリッチ 私こそ、音楽!」の主人公は、実在するピアニストのマルタ・アルゲリッチ。16歳の頃にはもう「伝説」と言われており、その美貌でも人気だった。迫力のある演奏ですぐに世界的に有名になり、それから半世紀以上「女神」としてクラシック界において活躍している。本作を観れば、彼女の良い意味で「ムラ」のある性格や、スキャンダルなプライベートを垣間見ることができるであろう。

さて「マルタ」という響きから何かを連想した人もいるだろう。そう。「マルタ共和国」というイタリア南部の国(島)が存在するのだ。ヨーロッパの観光エリアとして人気があるマルタだが、実は「オンラインカジノ企業が集まっている」という側面がある。ヨーロッパのネットギャンブル企業の約90パーセントがマルタにあるのだ。

そして、マルタは世界一厳格なインターネットカジノの管轄エリアでもある。だから、マルタゲーミング委員会によるライセンス認証を獲得しているオンラインCasinoであれば、安全性については全く問題がないと言える。具体的に言うと、ジャックポッドシティ、インターカジノ、NetBetカジノ、べラジョンカジノなどの運営会社がマルタ政府ライセンスを取得しているのでチェックしてみると良いだろう。

ちなみに、マルタ共和国にあるリアルカジノとしては、オラクルカジノ、ポーツマスマリーナカジノ、ドラゴナーラカジノなどが有名だ。ギャンブル好きが海外旅行でマルタ共和国を訪れるのであれば、このうちのどれかには足を運んでおきたいところだ。オンラインカジノでは、実際にお金を賭けてギャンブルを楽しむことができる。自宅のパソコンやスマートフォンの前がカジノ会場になったと考えればいい。勝利すれば金銭を得て、敗北すれば金銭を失うことになるのもリアルカジノと同じだ。ゲームとしては、オンラインルーレット、オンラインブラックジャック、オンラインスロット、オンラインバカラ、オンラインポーカーなどがある。通信を駆使して実際のディーラーとのギャンブルをプレイできる「ライブカジノ」という形式のサービスも人気だ。日本でオンラインカジノをプレイしてみたいという方はhttps://www.japan-101.com/オンラインカジノ/からご覧ください。インターネットカジノについての情報が詳しく書かれてます。

ちなみに、サーバーが外国にあるので日本でインターネットギャンブルをプレイすることは合法。「カジノをしてみたいが、わざわざ外国に行く時間もお金もない」という人は、ぜひ一度ネットギャンブルを楽しんでみてほしい。ランドカジノさながらの興奮が自宅にいながらにして味わえるはずだ。

Published inマルタ